知って得するアルカリカラーの褪色についての豆知識。

query_builder 2021/03/08
ヘアカラー
FB_IMG_1615164120616

今回はアルカリカラーの褪色についての豆知識となります。

アルカリカラーには大きく分けて2種類のタイプが存在します。


①酸化染料タイプ

カラー1剤のチューブから出した時は白いクリーム、

2剤や空気酸化で色が変化していく染料です。

一般的に美容室様で使用されている色持ちが良いアルカリカラーとなります。

酸化染料は染料の分子が非常に小さく髪の内部まで浸透し

2剤により酸化され大きくなって発色し、髪の内部にとどまります。

これにより褪色が少なく髪にハリや艶を与えることができます。


②直接染料タイプ

カラー1剤のチューブから出した時点ですでに色が付いているクリームで、

クリームには様々な色があります。

例として黄色のクリーム・薄ピンク色のクリーム・焦茶色のクリームなどがあり、

このタイプの染料は分子は小さいが、すでに色をもっているため

2剤で酸化発色することなく約1週間以内に髪から色素が抜けていきます。

最近のアルカリカラーでは多く使用されてきております。



アペティート化粧品ではお客様のことを第一に考え、

アルカリカラーは酸化染料タイプで構成しております。

カラーの褪色が気になる方・カラーにこだわりたい方は

現在使用されているヘアカラーを一度ご確認してみてはいかがでしょう?

NEW

  • ノンジアミンカラーバリエーションについて

    query_builder 2021/07/19
  • ノンジアミン需要の変化

    query_builder 2021/07/13
  • マットなカラーリングのご案内

    query_builder 2021/07/09
  • 『ノンジアミン』の重要性

    query_builder 2021/07/02
  • CB6で赤味を抑えたノンジアミンの白髪染め

    query_builder 2021/06/21

CATEGORY

ARCHIVE