ノンジアミンで寒色系白髪染②

query_builder 2023/05/18
ノンジアミン
7D74EBFC-C8DE-4EC1-A957-145B060BF94E

今回は前回に続き

″薬剤”と″行程”をお伝えいたします。


使用薬剤

GrB7+PG8(1:1)+ABL20%

オキシ6%


手順
根本→中間→毛先
※なるべくワンメイクで仕上がる薬剤選定


放置
自然で10分→40℃前後で加温10分→

クーリング10分→チェック後シャンプー

薬剤の選定ポイント
ノンジアミンヘルバには補色がないので、アンダーの色味オレンジをしっかり消すため補色であるカラトリABL(青)20%を配合。GrbやPGの黄緑との相性も良く、寒色系の特有のマットな風合いを出すのにも適しています。


Grb7はブラウンが入っているので毛先の明度と根本を合わせるのに選定。
PG8は黄緑の色素をプラスするのに配合しました。


仕上がりの色のイメージは寒色系なのに艶感を感じるマット風グリーン。
※マット系なのにツヤを感じるのは、ヘルバのグリーン系は暖色よりの黄緑で濁りがないので明度が深く沈みません。

今回は薬剤やオキシ濃度で調整はせずに、普段の営業ベースに合わせてワンメイク。
ダメージが少ない所から塗布していく手順で仕上げました。
根本〜中間は白髪もぼかすため通常より塗布量は多めです。
※根本があがりやすい方は根本のみ薬剤のトーンを下げたり、塗布順番を変更する必要があります。


次回は施術後の仕上がりについての解説となります!

NEW

  • セラグラム最上位シリーズ CelagramX発売 ③

    query_builder 2024/02/23
  • セラグラム最上位シリーズ CelagramX発売②

    query_builder 2024/02/14
  • セラグラム最上位シリーズ CelagramX発売 ①

    query_builder 2024/02/02
  • ホーム

    query_builder 2024/01/22
  • 残留アルカリとは?

    query_builder 2024/01/15

CATEGORY

ARCHIVE